金属アレルギーとは?アレルギー対応について

最近、アレルギーの人が増えてきていますね。弊社にも金属アレルギー対策の商品問い合わせが多くなってきています。ピアスやネックレスを着けたいけれど、金属アレルギーだから着けられないと不安を感じている人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、金属アレルギーについて説明したいと思います。
※以前メッキアクセサリーのコラムでも、少しですがアレルギーについて触れておりますので、よかったらそちらも見てくださいね。

金属アレルギーとは?

金属アレルギーとは、金属が原因となり引き起こされる皮膚炎のことです。

金属アレルギーが発生する原因は?

アレルギーの原因となる物質はアレルゲンと呼ばれており、金属アレルギーは、汗や体液などで金属の原子が溶け出し、体内のタンパク質と結合したものが原因と言われています。
これが体内に入ることで異物となり細胞が反応し、アレルゲンとして許容範囲を超えると、痒みや腫れなどのアレルギー反応を引き起こすようです。

金属アレルギーになりやすい金属は?

ニッケルが最も金属アレルギーの頻度が高い金属と言われています。主に食器関係や携帯電話、バックルやアクセサリー金属類、また50円玉や100円玉の硬貨等にも使用されており、様々な物に含まれています。

金属アレルギーになりにくい金属は?

アレルギーを起こしにくい金属として、ステンレスとチタンが挙げられます。ステンレスやチタンは耐食性が高く、金属原子が溶け出しにくいと言われており、そういう部分で引き起こしにくい金属です。主にピアスのポスト部分やその他、食品用容器や調理器具、医療器具に多用されています。しかし、ステンレスやチタン素材でもアレルギーを起こす方もいますので、あくまでも金属アレルギーを起こしにくい素材と言うことなので、注意しておきましょう。

以上が簡単ですが、アレルギーについての説明になります。

次にアレルギー対応についてのご紹介です。

アレルギー反応が出にくい素材を選ぶ

アクセサリー選びの際に最も大切なのが、まずは使われている金属成分と素材を確認しましょう。これまでに金属アレルギーを発症したことがある人でも、全ての金属を全く身に着けられないわけではありません。アレルギー反応の原因となる金属を正しく知ることと、そういった該当金属を避けること、また体調面に不安(湿疹等)があるときは身に着けないようにしましょう。

アクセサリーの保管・取り扱い方法

大事なのは酸化させない事です。オススメはジップタイプの袋です。密閉出来るので酸化を防ぐことが出来ます。着用時は汗により金属原子が溶けて、体内に入りやすくなるので特に夏場等、汗をかいたらまめに拭きとり、身に着けているアクセサリーを取り外して、柔らかい布で拭いてジップタイプの袋に入れるといった、アクセサリーを清潔に保つ対応もアレルギー防止に繋がります。

肌に触れる部分を加工した商品を探す

アクセサリーの場合、メッキの中にニッケルが含まれているケースが多いので、ネックレスやブレスなど、ニッケルを使用しないメッキ(ニッケルフリー)で表面加工することで、肌に触れる部分が守れます。またピアスポスト部分の素材をステンレスやチタン素材にすることで、ニッケルアレルギーをお持ちの方は解消することが出来ます。ニッケル以外の金属で金属アレルギーの方もいます。その場合は金属以外の樹脂素材に変更した商品を着用することで解消出来、装着可能になる場合もあります。こういったアレルギー反応の出ない素材のパーツや加工を施した商品を選ぶことで、身に着けることが出来るようになります。

注意点・・・金属アレルギーは放っておくと炎症が悪化する恐れがあります。まずは「金属アレルギーなのかも」と思ったら皮膚科等、医療機関で検査を行ってください。検査結果に沿って薬を処方してもらい、正しい対処法を行いましょう。

金属アレルギーでアクセサリーが着けられない、と悩んでいるという方も多くいると思います。大切なのは、自分の体質や金属アレルギーについてしっかり理解して把握して、自分に合ったアクセサリーを選ぶことです。原因や対処法を知ることで、オシャレを我慢せず、これからアクセサリーを身に着けられます。

当社では、ニッケルフリーのメッキを使用したり、ステンレスやチタンポストの取り扱いや、アレルギーを引き起こしにくいシルバー925や樹脂素材等の取り扱いもあります。
アレルギー対策のアクセサリー製作を検討されている方や、お困りの方がいらっしゃいましたら、是非一度お問い合わせください。

関連記事

記事一覧へ

お問い合わせ

Contact

オリジナルアクセサリーのOEM・製造・製造・制作のお問い合わせ アクセサリーの試作品やサンプル依頼